【agaリバウンド.net】     リバウンドをした実例

AGAの無料カウンセリングを賢く利用!
治療の第一歩!

トップ    >    リバウンドをした実例

リバウンドをした実例

治療を中止すると再びAGAが進行

AGAの治療によってはリバウンドします。 薬などでAGAの治療を行い、症状を改善したと思っても治療を中止すると再びAGAが進行 してしまいます。 その代表的なものとして、プロペシアがあります。

AGAは男性ホルモンの一種であるテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きで ジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。このDHTがAGAの原因物質です。 プロペシアの有効成分であるフィナステリドは5αリダクターゼの働きを阻害するため DHTの生成量が減ります。その結果AGAの症状も緩和されていきます。

しかし、プロペシアを中断してしまうと再び5αリダクターゼの働きが強くなり DHTの生成が増加していきます。再びAGAが進行しリバウンドしていきます。

DHTは男性ホルモンですが、身体にとって必ず必要となるものです。 そのため、少なくなってもいけないし多すぎてもAGAを発症させます。 そのためリバウンドしやすいと言えます。

リバウンドするとどうなるのでしょうか。 薬を中断したからといってすぐに薄毛になるわけではありませんが、少しずつ生え際が 後退していきます。治療する前の状態に戻ってしまいます。 また、中年の男性ほどAGAの進行は早くなります。 年を重ねると男性ホルモンの量も多くなるため、リバウンドの影響も受けやすくなります。

リバウンドしてしまうと、再びAGAの治療を行うのも大変になります。 なるべくリバウンドせずにスムーズに治していきたいところです。

無料カウンセリングを上手く利用することで、「改善のためにすべきことが」が、 今の状態よりも格段に明確になります。 本気で改善した人達は、カウンセリングを上手く利用しています。